葬儀で故人の家族や友人が行うべき遺品整理方法。

葬儀で故人とのつながりを再発見するためには上手な遺品整理の進め方が不可欠です。丁寧に気持ちを持って進めていけば、悲しみを和らげてくれることにもなります。

遺品整理は単なる片づけじゃない

葬儀で故人の家族や友人が行うべき遺品整理方法。

人が亡くなるというのは悲しい出来事であり、亡くなって間もない頃は特に、その悲痛は大きいものです。

葬儀では在りし日の思い出が、その家族や関係者の心のなかで走馬灯のように蘇ってくることでしょう。

故人との思い出につながる遺品があれば、それはより鮮明なものとなって故人とのつながりを思い起こすに違いありません。

遺品整理は、だからこそ丁寧に気持ちを持って進められるべきものです。

例えば、故人が好んでいた装飾品などは火葬の際、あるいは埋葬の際に、一緒にお棺の中や骨壷の中に入れてあげても良いかもしれません。

あの世に一緒に持って行って欲しいと思うものは、故人と一緒に入れてあげるというのもひとつの方法です。

またそれが家族や友人にとって思い出深いものであれば、そのつながりのある方へ差し上げても良いでしょう。

丁寧に遺品整理を進めていくなかで、時にはそれまで知らなかった意外なエピソードに行き当たるということもよくあります。

葬儀においては、そんな遺品について語り合うことで、故人を思い起こすことができます。

悲しみに打ちひしがれそうになる心を、幸せな記憶として心に刻み合う事もできるでしょう。

遺品整理と言ってしまえば冷たいですが、思い出の品を見つけ、故人を偲ぶアーカイブ作りと思えば、気持ちも少しは明るくなれます。


Copyright (C) www.cardealindia.com. All Rights Reserved.

遺品整理は単なる片づけじゃない